麻酔も使用可能!?メンズリゼでヒゲ脱毛をした人の口コミ考察

眼鏡をかけたヒゲの男

 

東京や大阪など中心とした全国にサロンを持っているというメンズリゼ。
このメンズリゼでは、ヒゲ脱毛のコースが特に人気なんです。

 

そこで、実際にメンズリゼでヒゲ脱毛をしたという人の口コミから、メンズリゼのヒゲ脱毛コースの評価を探っていきたいと思います。

 

メンズリゼはメンズ脱毛ランキング1位だったので、ダメ元で行ってみました。

 

以前、他のサロンへ行っても効果がなかったと伝えると、その理由などを詳しく教えてくれました。

 

ヒゲが濃いために施術はかなり痛いのですが、他のサロンとは違って麻酔が利用できるため、そこまで痛みを感じることなく施術を受けることができています。

 

効果としては、全体的に薄くなってきていますね。
夜遅くまでやっているので、営業マンにもおすすめできるサロンですよ。

 

(42歳 男性)

 

男性も脱毛をする時代ということで、友人と一緒に訪れました。クリニックの人の対応が丁寧で好印象でしたね。

 

実際の施術は…かなり痛かったです。パチパチというかバチバチというか。
元々痛みに弱いこともあって、その一度で通うのをやめてしまいました。

 

友人は通い続けており、ヒゲが生えていないような綺麗なあごになっていますね。

 

痛みに耐えられる人か躊躇なく麻酔が使える人にはおすすめできるサロンだと思います。

 

(21歳 男性)

 

医療脱毛ということで、かなり期待をして訪れました。
医師によるカウンセリングやアフターフォローのおかげで、安心して施術を受けることができました。

 

私は、他の方が感じているような痛みは感じませんでしたね。我慢できる程度でした。

 

3ヶ月ほど通っているのですが、今ではかなり効果が出てきていると思います。

 

ヒゲが薄くなったおかげで、営業先の人にもよい印象が与えられていると感じています。

 

(32歳 男性)

 

麻酔が使用できることへの評価が高い

 

メンズリゼで実際にヒゲ脱毛をしたという人の口コミを見てみると、痛みに対する感想にかなりブレがあるという印象でした。
ほとんど痛みを感じないという人がいる一方で、強い痛みがあったという人もいるようです。

 

ですが、医療脱毛であるため希望をすれば麻酔の使用が可能ということから、麻酔を使用して脱毛をしているという人も少なくありませんでした。

 

この麻酔の使用に関しては、他のサロンとは大きく違う点だと言えますね。

 

 

→その他のおすすめサロンについてはこちら

コース終了後は半額以下?メンズリゼのおすすめ脱毛コース大紹介

大手エステティックサロンであるリゼクリニックから展開されているメンズリゼ。
ヒゲ脱毛が人気のこのサロンなのですが、実はヒゲ脱毛以外にも多くの脱毛コースがあるんです。

 

そこで今回は、メンズリゼのヒゲ脱毛以外の脱毛コースをいくつかご紹介したいと思います。

 

→メンズ脱毛 人気の部位はここ!

 

腹・へそ回りレーザー脱毛

 

メンズリゼには、腹・へそ回りのレーザー脱毛コースがあります。
日本人女性には抵抗のあるギャランドゥも、このコースで綺麗にすることができます。

 

施術時間は約30分で、平らで照射しやすいことから痛みもそこまで強くはありません。

 

料金は、1回のみのコースが19900円で、5回コースが59800円です。
コース終了後は1回あたり9668円で施術を受けることができます。

 

 

胸毛と合わせて処理できる胴全体セットのコースですと、1回のみのコースが33300円で、5回コースが98800円で施術を受けることができます。
コース終了後は1回あたり14240円で施術を受けることができます。

形を整えて薄くするということも可能なので、カウンセリングの時に希望を伝えるようにしましょう。

 

手背・手指医療レーザー脱毛コース

 

メンズリゼには、手背・手指医療レーザー脱毛コースがあります。
営業やサービス業などの人と接する職業の人だと、この手背や手指に生えた毛というのは気になりますよね。

 

皮膚が薄いために痛みは伴いますが、そこまで強い痛みというわけではありません。
毛の本数も少なく他の部位に比べると細いため、施術時間も15分ほどと短めになっております。

 

料金は、1回のみのコースが10000円で、5回コースが29800円で施術を受けることができます。
コース終了後は1回あたり4768円で施術を受けることができます。

 

上腕やひじ下などと合わせて施術が受けられる腕全体セットや、土下やひざ下などと合わせて施術が受けられる手足セットなどもあるため、自分の希望に合わせてコースを選ぶのがおすすめですよ。

 

公式サイト案内バナー